スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしらせ

2011年6月から開催してきた健康相談会ですが、再編をいたすことになりました。
多くのかたのご賛同に支えられて展開することができましたことを改めて感謝申し上げます。

CRMSは政治・宗教やあらゆる団体・企業からの独立を原則としておりますが、その原則がしっかりと守られる体制を今一度つくりなおしたいと考えております。

もし問題やトラブルなどに見舞われた方々がいらっしゃいましたらば、trouble@crms-jpn.orgまでご連絡ください。当方の顧問弁護士と解決にあたりたいと存じます。
スポンサーサイト

6月9日 健康相談会in三重

終了しました。ありがとうございました。

避難者健康相談会@いせ

日 時:2013年6月9日(日曜日)13:00~17:00(要事前予約)
会 場:いせシティープラザ2階多目的ホール(いせ市民活動センター北館)
    伊勢市岩渕1丁目2番29号  電話0596-20-4385
    ※JR・近鉄伊勢市駅外宮側の正面出口外宮方面に直進して徒歩5分、外宮前
参加費:無料
対象者:福島第一原発事故の影響により東北・関東地方から避難移住された方々
定 員:30名(お早めにご予約ください)
内 容:医師による健康相談・弁護士による法律相談・行政(市職員)による生活相談


主催/ふくしまいせしまの会
 http://fukushima-iseshima.jimdo.com
協賛/NPO法人 CRMS 市民放射能測定所 福島 http://www.crms-jpn.com/
後援/三重県・伊勢市
協力/子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク

当日のブース紹介
・医師による健康相談ブース(要事前予約)
 山田 真先生(小児科医)「子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」代表
 毛利一平先生(三重大学・医学博士 公衆衛生)
・弁護士による法律相談ブース…法律相談                   
・伊勢市役所(生活支援課)ブース…生活相談
・カフェコーナー …お茶を飲みながらお話しましょう
・託児コーナー(要事前予約) …お絵描きや折り紙で遊ぼう
・「やおや3birds」コーナー …無農薬野菜等を販売いたします。お土産にどうぞ。
・ふくしまいせしまコーナー…活動紹介

当日ご持参いただくもの
・筆記用具・甲状腺エコー結果
・線量計測定結果・ご自宅の線量メモ
・WBCホールボディーカウンターの測定結果 など
 お持ちのかたはご持参ください。なお当日検査診療等は行いません。

予約方法
 申込み先:ふくしまいせしまの会 
     simasima.umami@gmail.com (@を半角にしてお送りください)
      *メールの件名に「6月9日健康相談会」とご記入ください。
      *携帯の方は simasima.umami@gmail.com を受信可能に設定してください。
 *以下の内容をお知らせください。
 1)お名前(お子さんのお名前と年齢)
 2)メールアドレス
 3)電話番号
 4)住所(市町村名)
 5)現在、治療中の病気などありましたら病名をお知らせください。
 6)先生に相談したいこと
 7)希望時間 13:00~ / 14:00~ / 15:00~ /16:00~
  折り返し、相談時間のお知らせを前日までにメールまたはお電話でさせていただきます。
 (お申し込み多数の場合はお受けできませんのでご了承ください)


おといあわせ
 電 話:090-7672-9941(上野)
 メール:simasima.umami@gmail.com(ふくしまいせいしまの会)
mie.jpg

健康相談会

Health Consultation Meeting
Radiation protection Health care project

In June 2011, Ms. Aya Marumori started the “Health Counselling for Children“ in collaboration with the “National Network of Pediatricians to protect Children from Radiations” (represented by Dr. Makoto Yamada) in Fukushima. At that time “life note” was distributed to children: on filling out symptoms and daily activities, this pocketbook allows to trace back each child’s change in their health condition. She is the Executive Director of CRMS ( Citizens' Radioactivity Measurement Station ), and holding the Health Consultation Meeting with cooperative pediatricians for every month.



健康相談会
放射線防護/健康医療プロジェクト

「こども健康相談会」は「こどもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」(代表・山田真小児科医)の協力で事故から3ヶ月後の2011年6月に福島で始まりました。行動や体調を記録するための『生活手帳』を作成して配布し、全国からの善意の支援により無償で配布しながら、定期的に福島市・いわき市・郡山市で健康相談会を開催してきました。
東京や大阪でも避難者のため「健康相談会」が開催され、健康を守るための医療相談・生活相談を行っています。

IMG_2919.jpg


続きを読む»

原発事故子ども・被災者支援法

今年6月、原発事故による被ばくをさけるために、国があらゆる手段を尽くすことを謳った「原発事故子ども・被災者支援法」が成立しました。「支援対象地域」からの避難や移住、そして「支援対象地域」での被ばくしない暮らし、バラバラになった家族に対する支援などが盛り込まれた期待の立法です。
支援法

しかし,具体的な支援内容や予算については不確定で、予断を許しません。
わたしたちの「声」を届けていく必要があります。
特に医療・健診についての要望を医療関係者の皆様から募集しております。
こちらのフォームからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=801170

支援法には、支援対象地区での医療費減免、定期的無料健診、こどもの生涯の無料健康診断などが法文にありますが、添付にありますように、国の責任において『センター』をつくり、公共施設に限ることなく、全国の民間の医療施設でも健診をおこなって欲しい、そして共通のカルテと『手帳』を発行して欲しい、という声があがっております。同時に『センター』における調査手法、データベース化、倫理的な問題を検討し、監視するための独立した第三者委員会/機関を、市民・学者・医師・法律家・議員などから構成し、その基本理念「健康被害を未然に防止する観点から放射線量の低減及び健康管理に万全を期する」(第2条5項)よう求めていきたいという声もあります。

また、今回の支援法の支援対象地区に選ばれなかった地区に住むこどもたちに対しても必要な健診ができるよう医療者の皆様にご協力いただき、全国規模で健診体制をつくることが必要だと考えております。そして、そのための予算措置がなされるよう働きかけていきたいと思っております。

62e17e3338d55424e399baa51f1088af.jpg


「原発事故子ども・被災者支援法」が骨抜きにされて形ばかりのものとなってしまうことなく、真に命を守り、未来を守るものとなりますよう、
医療にかかわる皆様のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

参考:

健康相談会・支援法ワークショップ 医療・健診について報告書
https://docs.google.com/open?id=0B2tR1I9RUQjAQmMyRkFVMTVpdWs

1月20日(日)講演会&分科会

終了しました。ありがとうございました。

山田真(小児科医)講演会
~子どもたちを守るために~
子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク代表
201301講演会チラシ

日時:1月20日(日曜)10時~
会場:ビックパレットふくしま 3階中会議室

郡山市南二丁目52番地 TEL.024-947-8010

●午後は分科会&健康相談会

分科会1~嶋橋美智子さんを囲んで~
分科会2~原発事故子ども・被災者支援法~
同時開催:健康相談会(個別に相談できます)
1.jpg

分科会内容
分科会1)
嶋橋美智子さんを囲んで
原発労働者の息子さんを白血病で亡くした嶋橋さんのお話し

分科会2)

福島のこれからを考える ~原発事故子ども・被災者支援法~
SAFLAN(サフラン「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク」)の江口弁護士を講師にお招きして、原発事故子ども・被災者支援法について学びましょう。
http://saflan.jugem.jp/

分科会3)

健康相談会13:15~16:30
山田先生をはじめ「子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」の小児科・内科の医師たちによる個別の健康相談です。(事前にご予約が必要です。詳しくは下記のページをご覧ください。
http://kenkousoudankai.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

◎参加費無料
*託児所を設置しています。詳しくは母と女性教職員の会へお問い合わせください。

主 催:母と女性教職員の会 福島県教職員組合郡山支部女性部
Tel:024-932-2144 Fax:024-932-2143 

▼チラシのダンロードはこちらから
https://docs.google.com/open?id=0B2tR1I9RUQjAT3pxdm9fQUIwaTA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。